ベトナム料理 ホーチミンごはん

濃厚な味わいのとろみスープとぷるぷるタピオカ麺!『Banh Canh Cua Ut Le』をデリバリー

banh canh ut le delivery8

スポンサーリンク

濃厚とろみスープがたまりません!

ベトナムのぷるぷるタピオカ麺好きはぜひ食べてほしい。

 

今回ご紹介するのは

バインカンクアで人気の

ベトナム麺食堂『Banh Canh Cua Ut Le

 

ホーチミン市10区にあり、

さらに夜しか営業していないこともあって

なかなか行くことができていなかったのですが

 

どうしても食べたい衝動にかられまして。

「いや!デリバリーで頼めばええやん!!」

と、いうことで

早速デリバリーでお願いしました。

 

それではどんなサービスなのか

早速調査していきましょう!

 

メニュー

後ほど紹介するフードアプリ

【Foody】や【Now.vn】にも

メニュー一覧が載っていますので

詳しくはそちらからぜひ。

 

Banh Canh Cua(バインカンクア)とは

タピオカ粉で作られた

ぷるぷるっとした麺が特徴的な

蟹入りのとろみスープのベトナム麺料理。

 

注文~受け取り

Foody:Bánh Canh Cua Út Lệ

 

受け取り完了!

10区のお店からでも気軽に

デリバリーできるホーチミンの便利さよ。。

 

夜だとなかなか子連れで

ローカル店行けないので

デリバリーできるのは本当にありがたい~

 

実食(゚Д゚)

Banh Canh Dac Biet Them Tom Cua☆62,000ドン

 

とりあえず最初はDac Biet(スペシャル)で!

通常よりエビと蟹が多いとのこと。

 

もうね、蟹の旨味の濃厚さといったら!

エビや蟹、お肉なども入っていて

満足感もしっかりと。

 

あとこちらはお麩も入っていますね。

結構お麩は別料金になっていることが多いので

ちょっとめずらしい。

 

Banh Canh Cua Gio☆62,000ドン

 

こちらはバインカンクアに

さらに(Thit)Gio/豚足が乗っています。

 

どんとしたお肉も食べごたえがあるし、

しっかり柔らかいのでまたこれ食べやすい。

 

 

今まであまりバインカンクアに

興味を示していなかった娘も

「美味しい美味しい」とほぼ1食分を完食。

ぷるぷる麺だし、子供も食べやすい麺料理ですね。

 

蟹はたまに筋が入っているので

食べる時に気をつけてくださいね~

もう本当すぐぺろっと食べきってしまった。

 

でこのスープもまた濃厚なんですが

くどくないので、蟹の旨味が濃縮された

スープまで飲み干してしまう。

 

まとめ

行きたいなーとずっと思いながら

行けていなかったのですが

バインカンクア食べてみたいって方は

こちらを試してみて間違いないかと!

 

在住者の方ならデリバリーも気軽にできますしね~♪

在住者ならではの特権です。

ぜひ~

 

サービス情報

店名:Bánh Canh Cua Út Lệ

デリバリー受付時間:17:00~21:00

Foody:Bánh Canh Cua Út Lệ

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
クリックいただけるとブログ更新のモチベーションがあがります(*´ω`*)
1日1回できますので、どうぞよろしくお願いします。

おことわり

情報は基本的に記事執筆時点のものとなります。予めご了承くださいませ。
  • この記事を書いた人
ごっち

ごっち

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブロガーのごっちです。最新情報はSNSでお知らせしますのでフォローよろしくおねがいします。 自己紹介記事はこちら

人気記事トップ5

1

目次1 Motto SAKUSAKUの場所2 店内3 メニュー4 実食(゚Д゚)5 デリバリー情報6 まとめ7 店舗情報 ...

2

目次1 メニュー2 デリバリー注文方法3 受け取り&実食4 まとめ5 店舗情報 ガイドブックにも掲載されている老舗の上海 ...

3

目次1 THE BRIXの場所2 店内3 メニュー4 実食(゚Д゚)5 まとめ6 店舗情報 最近ますますお洒落なお店が増 ...

4

目次1 パソコンに設定【言語バーにベトナム語を追加】1.0.1 ①設定画面を開く1.0.2 ②言語を追加する1.0.3 ...

5

目次1 入会の流れ(予約・レッスンについて)1.0.1 まずはトライアルレッスン(予約)から!1.0.2 レッスン内容・ ...

-ベトナム料理, ホーチミンごはん
-,

© Since2017 ベトナムリアルガイド