Binh Duong(ビンズオン)・Dong Nai(ドンナイ)

【宿泊レポ】ベトナム・ドンナイ省でグランピング「Tropical EGlamping」自然を満喫!

Tropical EGramping

ホーチミン市から車で約2時間!ベトナム東南部ドンナイ省にあるグランピング施設『Tropical EGramping(トロピカルイーグランピング)』へ行ってきました~

 

こちらは丘の上にあるグランピング施設。ドンナイ省北部の巨大な湖「チアン湖(Hồ Trí An)が見え、敷地内は自然をめいいっぱい楽しめます!施設内も清潔感があって外国人利用者も増えてきているようですよ~

 

最近ドンナイ省を含め、外国人も利用できるグランピング施設がどんどん増えてきていますね!今回冬休みを利用して友達家族とまずは気になっていた『Tropical EGramping』へと行ってみました。

グランピング施設の様子やテント、遊び場、サービス、予約方法などなど。詳細をご紹介していきましょう~!

 

スポンサーリンク

「Tropical EGramping」敷地内

敷地内に入ると店員さんが丁寧にお出迎え。まずは予約名や予約番号、パスポート(画像やコピーでOK)を渡しましょう。

 

受付

入り口入ってすぐは受付。こちらでチェックイン・チェックアウトの手続きを行います。夜にBBQや朝食時には飲食・取皿などを置くスペースになります。

 

チェックインを済ませたら、そのまま予約していたテントへとご案内~

 

テントの様子

テントは丸いドーム型になっており、天井は高いので閉塞感はあまり無いですね~ほっこり可愛らしい雰囲気。子どもたち同士で一緒のテントで泊まりたい!ってことなのでテントは1つにしましたが、それだと結構狭めではあったかなと。

 

テント内にはハンモックがあって子供たちは大喜び!

掃除もきちんとされています。エアコン&wifi、水などの用意もあり。山の上だから?かあまり虫はいませんでしたが、テントはチャック式なので虫が入ってこないようにしっかり締めておきましょう~

 

遊び場・アクティビティ

エリア内には子供が楽しめる遊び場もあり!自然の中でブランコをするのが楽しかったようで、特に1番楽しんでおりました。

 

その他アーチェリーやトランポリン、アスレチックなどなど。全ては載せきれませんが、その他バレーボールやバドミントンをする場所もありましたよー!

遊び場は小さい子向けのものが多いので、子供の年齢によってはボールなどを持ってきたほうがより楽しめるかと思います。

 

写真スポット・キャンプファイヤー

湖や自然を見渡せる写真スポット。ベトナム人の方々で賑わっておりました~。下に簡単な柵っぽいのあったけど結構怖い。

 

夜はキャンプファイヤーもあり!周りに椅子が置いてあるので、ここでゆっくりお話するのも良いかなと。

 

プール

見晴らしの良い場所にはプールも!(結構深めです)

 

洗面所・トイレ&シャワー

洗面台・トイレ&シャワーは共有となっています。正面から見て左側4つが男性、右側が女性用です。

 

洗面台

比較的に綺麗ですし、掃除も行き届いています。トイレとシャワーが同じ場所にあるのはベトナムではよくあるのでしょうがないかなぁとは。

 

この日は結構寒かったのでお湯が出るのか心配していましたが、お湯はきちんと出てました。ただお湯の温度が安定しないので急にめっちゃ熱くなる(笑)

一応シャンプー&シャワージェルはありましたが、持参したほうが良いと思います。その他歯ブラシ&歯磨き粉、タオルなど必要なものは持ってきましょう~

 

食事について

【夜】BBQ

宿泊料金にBBQなどの食事は含まれています。セッティングはスタッフの方がやってくださり、後は好きに焼いて食べて~と。ただ正直なこと言うと、あまり美味しくは、、、。

 

食べられないってわけではないけど。うーん、ただご飯は楽しみたかったので、結構残念である。ただ宿泊料金に含まれていることを考えると妥当かなと思います。

 

別料金を支払えば、シーフードメニューなどグレードを上げることができるとのこと。美味しいのを食べたい!って時はそちらを頼んでみるのも良いかと。

あとBBQのソースは置いてあるのは辛いのしかないので、子供用でソースがほしい場合はスタッフさんにお願いすればケチャップを用意してくださいました。

 

【朝】ローカル朝食ビュッフェ

朝は受付をした場所にて簡単なモーニングセットが用意されています。卵とパン、おかゆ、インスタントラーメン(これはいつでも食べて良い)があるので、自分で作っていきます。

 

外で作るの慣れていない&子供がいるので結構ワチャワチャしちゃいましたが、子供たちも自分で卵を焼いたりして楽しめた模様。私も久々にベトナムおかゆを。

 

売店(水・お茶・コーヒーは無料)

スナックやアルコール類などは別途料金がかかります(最後のチェックアウト時にまとめて支払い)が、水やお茶、コーヒーはセルフサービスで無料。持ってきたおやつが足りない時、お酒がやっぱり飲みたい時に買えるのは便利ですね~

 

カフェ

 

注意:夜はライブミュージックの音が。。

これは人によりけりかなとは思いますが、20時過ぎくらいから、敷地内中央近くでアコースティックギターによるライブが行われます。まぁ1時間くらいなら良いんですが、結局夜22時までとなかなか遅くまでやっておりまして。。

 

敷地内中央近くのテントではなかったものの、テントなんでそこまで防音効果はないですし、山なんで結構音が響きます。子供連れだと寝る時間を考えるともう少し時間が短いと嬉しいなと。

ただ私があんまり音楽に興味がないのもあると思いますので、これは個人的な感想です。

 

予約方法

では実際に『Tropical EGramping』に宿泊する際の予約~行き方について解説!

予約の流れ

テントのサイズはほとんど同じ。湖側・ガーデン側にあるか・時期により料金(表示価格は大人1名分)が異なります。希望する日程を入力すると、どこのテントが空いているかが表示されます。

英語で表記できるのでベトナム語ができなくてもOK。人数等の必要事項を入力し、予約をすると登録したメールアドレスに詳細が送られてきます。

予約ページ:Tropical EGramping

 

送られてきたメールに銀行口座情報が記載されています。デポジットとして合計宿泊料金を半分振り込む→振込完了したら振り込んだことを『Tropical EGramping』のメールなどに連絡してください。私は振込完了のスクショを添付してZALOにて連絡しました。

 

料金はいくら?

私が宿泊した時期だと大人1名につき、1,100,000ドン~。子供(6歳~10歳)は大人料金の半額、5歳以下は無料となっています。

この宿泊料金はテントの宿泊・施設の利用以外に夜のBBQ・朝食も含まれています。

 

「Tropical EGramping」への行き方

①シャトルバス ※事前予約必須

『Tropical EGramping』ではシャトルバスも利用可能です。ホーチミン市内のピックアップポイント・時間は下記のとおりです(※時期などによって変更する場合はもありますので、事前にWEBサイト等で確認してください)

 

料金・ピックアップポイント・時間

往復チケット料金:600,000 VND/pax (大人、5歳以上の子供、ペット)

  • Point 1: 13:00AM pick up at Park 30.4 - 12 Alexandre de Rhodes - Trung Nguyen Coffee, Ben Nghe Ward, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
  • Point 2: 13:30 PM pick up at Ong Bau Cafe - Mega Market, District 2, Ho Chi Minh City, Vietnam

 

※シャトルバスを利用する方は料金は事前に全額振込み。キャンセルになっても返金なし。事前にスケジュールをきちんと確認してから、予約してくださいね!

 

②配車アプリ・もしくは(運転手付き)プライベートカーを利用する

Grab等の配車アプリに「Rent」機能を利用する、もしくはプライベートカーサービスを利用するのも便利。今回は前回旅行に行った時に便利だったホーチミンの運転手付きプライベートカーサービス「HAI TUAN TRAVEL」を利用しました!

 

ちなみにタオディエン~ドンナイ省のグランピング施設の往復で3,500,000ドン。年末だったので通常より少しお高くはなっていたかなと。

他にも類似したサービスはあるかと思いますが、子供連れなのでやっぱり自宅からそのまま行けて、帰りも家まで直接帰れる。子供がトイレに行きたいー!ってなった時に臨機応変に対応してくれるのもありがたい~

 まとめ

「Tropical EGramping」の感想

  • ホーチミン市から車で約2時間とアクセス良し
  • 深呼吸したくなる自然いっぱいのグランピング体験!
  • 山の上なのと安全面から小さいお子様は向いていない、子供連れなら小学生以降~がおすすめ。遊び道具は持っていってもいいかも
  • テント・施設は清潔、エアコンやwifiなどもあり。
  • 食事はかなりローカルより。お菓子やパンなど軽食は十分に持っていったほうが良し(※持ち込み料がかかるものがあるので要確認)

 

BBQを一緒にやったり、自然の中で遊ぶことはホーチミンに住んでいると簡単には出来ないので、子どもたちにも良い経験になったのではないかと!ただやはり小さいお子様はちょっと難しいかなぁ。。柵も簡易なものが多いので、安全面が。。。ね。

 

良い点としては、英語で対応・困っていることがあればすぐにとスタッフさんの対応はとても良かったです!なかなかホーチミン市に住んでいると空気が綺麗なところも少ないので、自然たっぷりリフレッシュ。

最近、ホーチミン市から車で行ける範囲でグランピング施設が増えてきているので、これは他にも体験してみたいですな。ぜひ~

 

スポット情報

スポット名Tropical EGramping(トロピカルイーグランピング)
住所Unnamed Road, La Ngà, Định Quán, Đồng Nai, Vietnam
電話番号098 327 89 49
営業時間24時間営業
WEB・SNS・LINEWEB ●Facebook ●Instagram

 

フバイ空港16

Hue(フエ)

2023/1/9

フバイ空港⇔フエ市内へのアクセス手段・空港で利用できるサービス解説

ベトナム中部古都フエにある国際空港『フバイ(Phu Bai)』国際空港の概要とフエ市内へのアクセス方法・フバイ空港内で利用できるサービスを解説! フバイ国際空港(HUI)はホーチミン市・ハノイ市・ダラット市のベトナム国内3都市、国内線3路線運行しています。   それほど大きくはない空港ですが、ベトナム中部フエに旅行・ダナンとセットで片道だけ利用したいなどなど。本記事ではフバイ空港⇔フエ市内へのアクセス方法や「空港内にお店はあるの?」「どうやって行けばいいの?タクシーは利用できる?」などの空港で利 ...

見てみる

azeraihue 211

Hue(フエ)

2023/1/2

ベトナム・フエ(Hue)5つ星ホテル「Azerai La Residence Hue(アゼライフエ)」宿泊レポ

歴史的建造物や世界文化遺産巡りに!ベトナム中部の観光都市「フエ(Hue)」にある5つ星ホテル『Azerai La Residence Hue(アゼライラレジデンスフエ)」に宿泊してきました!   アゼライは東南アジアを中心にリゾートを展開するホテルチェーン「アマンリゾーツ」の創業者エイドリアン・ゼッカ氏が手掛けるホテルブランド。2,5ヘクタールの広大な敷地内に広がるモダンクラシックな佇まい、古都フエならではのどこか懐かしさも。   フランス系カナダ人の建築デザイナー Pascal Tr ...

見てみる

madam-thu-hue15

Hue(フエ)

2022/12/27

ベトナム・フエ市内のおすすめフエ名物料理レストラン「Madam Thu Restaurant」

歴史的建造物や世界遺産など、ベトナムの人気観光都市「フエ(Hue)」に旅行に来たなら、名物のフエ料理を現地で楽しみたいですよね!市内からのアクセス良し、欧米人の旅行者に人気で英語対応ありで美味しいと人気のフエ料理を。   旅行者から人気!ベトナム中部フエ市内のフエ名物料理を楽しめるローカルレストラン『Madam Thu Restaurant(マダムトゥレストラン)』。 観光客に人気のこちらのお店、夕方に行くなら予約は必須!バインベオやバインコイなどの美味しいフエ名物・宮廷風料理が楽しめます。気軽 ...

見てみる

azeraihue spa

Hue(フエ) 美容・健康

2022/12/24

ベトナム・フエ「Le Spa」 5つ星ホテルで極楽スパ体験 @アゼライ・ラ・レジデンスフエ

ベトナム最後の王朝のグエン朝が置かれた歴史あふれる古都「Huế(フエ)」の高級ホテルで頑張っている自分へのご褒美、旅の疲れを癒やしに! ベトナム中部フエにある5つ星ホテル「Azerai La Residence Hue」内にあるスパ『LE SPA』にてボディマッサージ体験。   『LE SPA』はフランス系カナダ人の建築デザイナー Pascal Trahan氏による1930年代のアールデコ調の装飾が施され、落ち着きと高級感のあるデザインに。世界有数のホテルスパで20年以上の経験をもつマネージャー ...

見てみる

azeraihue dinner19

Hue(フエ)

2023/1/2

5つ星ホテルで贅沢なディナーを!「Azerai La Residence Hue」@ベトナム・フエ

ベトナム最後の王朝のグエン朝が置かれた歴史あふれる古都「Huế(フエ)」の5つ星ホテルで特別なディナータイムを!ベトナム中部フエの5つ星ホテル『アゼライ ラ・レジデンスフエ(Azerai La Residence Hue)』に宿泊しました!今回はディナー編です。   ホテル内の伝統的なレストラン「ラ・パルファン(LE PARFUM)」では、ベトナム料理や西洋料理が味わえるだけでなく、2017年に天皇・皇后両陛下(現上皇・上皇后両陛下)が宿泊した際に食したスペシャルメニューも!   普段 ...

見てみる


アオザイハウジング

 

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
クリックいただけるとブログ更新のモチベーションがあがります(*´ω`*)
1日1回できますので、どうぞよろしくお願いします。

おことわり

情報は基本的に記事執筆時点のものとなります。予めご了承くださいませ。

-Binh Duong(ビンズオン)・Dong Nai(ドンナイ)
-, ,

© Since2017 ベトナムリアルガイド