観光グルメ・カフェ ベトナム料理 スイーツ

Be Che | ベンタイン市場でベトナム代表ローカルスイーツ「チェー」を堪能!

2019年9月24日

Ben Che Ben Thanh2

ベトナムの代表的なローカルスイーツ「Chè(チェー)」。甘く煮た豆類やイモ類、フルーツ、寒天の具材を合わせたベトナムの伝統スイーツです。 アジアならではの本場のスイーツ「チェー」をベトナムを代表する観光スポットで食べてみませんか?

 

ベトナムホーチミン市の観光スポット「ベンタイン市場(Ben Thanh Market)」にあり、現地の方にも大人気の有名チェー屋台『Bé Chè(べーチェー)』。

「チェー(Chè)とはベトナムの代表格となるローカルスイーツ。種類にもよりますが、寒天ゼリーや甘い豆、白玉が入っているケースが多いことから「ベトナム風ぜんざい」と呼ばれていますね。

 

今回は旅行者にも行きやすい有名店をご紹介しますよ~!それではどんなお店なのか、早速調査していきましょう!

※2022年9月27日更新 久しぶりに行ってきたので、写真や情報を大幅更新しました

 

スポンサーリンク

Be Cheの場所

ホーチミンの代表的な観光スポット「ベンタイン市場」内に!

『Be Che』はホーチミン1区中心地、ガイドブックには必ず掲載されている有名観光スポットのベンタイン市場の中にあります。

 

こちらがベンタイン市場です。ベンタイン市場には入り口がたくさんあるのですが、今回は『Be Che』に一番はやく行けるルートでご案内。

 

「Be Che」への詳しい行き方解説

ベンタイン市場のLe Thanh Ton(レタントン)通り側が北門(Cửa Bắc)から入ります。

 

こちらが北門入り口です。このまま奥へと進んでいってくださいー!

 

北門を進んでいくとすぐにベトナム食堂がずらりと並んでいます。ベトナム食堂エリアの右側を進んでいく左手に~~

 

発見!こちらが『Be Che』です。

 

店内

店内、というよりは屋台周辺にプラスチックの椅子が並んでいます。いつも現地の方でいっぱいですが、満席でも回転率が早いので少し待てば座って食べられますよ~

ここで食べるのが厳しい方はお持ち帰りも対応してくれます。

 

カラフルな寒天や煮豆などがずらりと♡ この色鮮やかさもアジアンスイーツならでは。賑やかな市場の雰囲気も楽しめて、ベトナム旅行気分を堪能できます。

 

メニュー

上の器に入っているのが温かいチェー、下のグラスに入っているのが冷たいチェーです。お値段も20,000ドン~35,000ドンとリーズナブルな価格帯。

最近値上がり傾向のホーチミンですが、2年前に行った時と変わらない値段でした!!ありがたいー!お店のサイトはありませんが、フードデリバリーアプリ「Foody」でも注文可能です。

 

ベトナム語と英語表記、さらに全て写真付き。初めてチェーを食べるかやにも分かりやすいですね~

 

今回は注文していないですが、ベトナムプリン「Banh Flan(バインフラン)」も!こちらもベトナム流に砕いた氷と一緒にいただけるので、アジアンスイーツがちょっと苦手。。って方にも食べやすいかとー!もちろん氷なしでも注文もできます。

 

実食(゚Д゚)

Che Thap Cam:25,000ドン

初めてチェーを食べる方は色々な具材がミックスされている「thập cẩm(タップカム)」がおすすめ!優しい甘さで煮た豆やタロイモ、寒天などなど色々楽しむことができます。

 

『Be Che』のチェーは甘さ控えめで日本人も食べやすく、ココナッツミルクの優しい甘さとひんやり冷たい氷が暑さを和らげてくれます。市場の氷はちょっと心配…という方は氷抜きをオーダーすることもできますし、温かいチェーを試してもよいかと!!

 

まとめ

本場のベトナムチェーが味わえるこちらのお店。最近ホーチミン中心では少しずつ食べられる屋台も少なってきましたが、ベンタイン市場ならアクセスもよく、旅行者も行きやすい場所にあって便利!

今も根強いベトナムローカルスイーツを本場ベトナムで堪能しましょう~~!ぜひぜひ!

 

☆【ナースときどき女子】にこちらの記事を掲載していただきました!

甘いものに目がないナースに教えたい!アジア旅行で食べたくなるスイーツ特集♪

 

店舗情報

店名Be Che Cho Ben Thanh(べーチェー チョーベンタイン)
住所Ben Thanh Market,Sap 1154-1130 ,7 Phan Chu Trinh street,Ben Thanh ward,District 1,Ho Chi Minh city,Vietnam
電話番号0909634917
営業時間07:00~17:30
WEB・SNS・LINEなし
Kim Ke Pho7

観光グルメ・カフェ ベトナム料理

2022/10/15

Kim Ke Pho | 外国人も利用しやすい!Thu Duc市に展開するベトナム麺料理店

日本人にも食べやすいと人気のベトナム麺料理。今回ご紹介するお店はThu Duc市(旧ホーチミン市2区)を中心に展開するベトナム麺料理店!お手頃価格、外国人にも利用しやすいお店でベトナム麺を楽しみましょう~~   フォーやブン、ミエンなどのベトナム麺料理を気軽に楽しめるベトナム麺料理屋『Kim Kê Phở(キムケーフォー)』。以前まではThu Duc市に中でも比較的にローカルエリアにしか店舗がなかったのですが、在住者や旅行者にも利用しやすいタオディエンにも出店されたとのことで! それではどんなお ...

見てみる

phuc long premium2

観光グルメ・カフェ カフェ

2022/9/20

【ベトナム】フックロン最大規模店「Phuc Long Premium」タオディエンに出店

1986年創業のベトナム人に大人気のカフェチェーン「フックロン」。2,000平方メートルの大型店『Phuc Long Premium(フックロンプレミアム)』がThu Duc市タオディエンに! 「フックロン」は1986年創業、元々は緑茶やコーヒー豆の栽培をしていた会社でしたが、ホーチミン市・ハノイ市・ビンズン省・ニャチャン市など現時点で国内に62店舗展開する大型カフェチェーンとなりました。   そして現時点で最大規模となる店舗「Phuc Long Premium」が2022年9月15日にグランド ...

見てみる

Cha Ca La Vong5

観光グルメ・カフェ ベトナム料理

2022/8/24

Cha Ca La Vong | ハノイ郷土料理”チャーカーラボン”をホーチミンで食べるならココ!

「チャーカーラボン(Chả cá Lã Vọng)」とは川や湖で採れるラン魚を揚げて、ディル(ハーブ)や青ネギと炒めたベトナム首都ハノイ市の名物料理。 ターメリックで味付けされたラン魚の食欲をそそる香りがたまらない!ベトナムに来たなら一度は食べておきたいハノイの伝統料理はベトナム南部ホーチミン市でもいただけます。   店名が料理名そのまま、ハノイ市とホーチミン市に展開する「チャーカーラボン」専門店『Cha Ca La Vong』。毎日大勢のベトナム人客で賑わう1871年創業の老舗店です。 日本語 ...

見てみる

godmotherbake-brunch

観光グルメ・カフェ カフェ ホーチミンごはん スイーツ

2022/8/19

Godmother Bake & Brunch | ふわふわ贅沢シフォンケーキ!ホーチミン中心地で素敵なブランチを

ベトナム南部都市ホーチミン市1区中心地はレストランやカフェ、お土産店と日本人にも人気のエリア。そんなホーチミンの中心地で素敵なブランチ・カフェを楽しめるお店『Godmother Bake&Brunch(ゴットマザーベイク&ブランチ)』(以下、Godmother)。2019年5月にオープンし、今では有名なお店になっていますよね。   2016年「Worldchefs Global Pastry Challenge」で優勝し、5つ星ホテルパークハイアットのパティスリー部門を務めるNarae ...

見てみる

Maison Marou NguyenDu3

お土産 観光グルメ・カフェ カフェ スイーツ

2022/10/17

Maison Marou(Nguyen Du店) | サイゴン大教会前に!ホーチミンのベトナム高級チョコショップ&カフェ

ホーチミンの高級チョコレートブランド『Maison Marou(メゾンマルゥ)』がホーチミン市1区中心地の観光スポット「サイゴン大教会」「中央郵便局」のすぐ近くに! ガイドブックなど旅行情報には必ず掲載されている『Maison Marou』(以下、マルゥ)。今回ご紹介するNguyen Du(グエンユー)店は2022年8月3日に新たに出店。 これで現在ホーチミン市内に7店舗展開されています。   2人のフランス人が立ち上げた世界に注目されているベトナム産チョコレートブランド。せっかくホーチミンにい ...

見てみる


アオザイハウジング

 

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
クリックいただけるとブログ更新のモチベーションがあがります(*´ω`*)
1日1回できますので、どうぞよろしくお願いします。

おことわり

情報は基本的に記事執筆時点のものとなります。予めご了承くださいませ。

-観光グルメ・カフェ, ベトナム料理, スイーツ
-, ,

© Since2017 ベトナムリアルガイド