観光グルメ・カフェ ベトナム料理 ホーチミンごはん

Sadec Quan-現地民から観光客まで!高評価間違いなしのフーティウを召し上がれ♪

さでっくくあん

スポンサーリンク

こんにちは、ごっちです!

今回はベトナムの方からも

観光客からも人気が高い米麺フーティウが評判の

ベトナム料理レストラン

Sadec Quan」をご紹介します!

 

こちらは観光スポットである

統一会堂や戦争博物館の近くにある

人気のお店でランチタイムやディナータイムは

常に満席状態の人気店です。

 

口コミサイト「Tripadviser」からも

高評価をつけられていることもあり

どんなお店なのか気になりますね。

 

さてさて、どんなお店なのでしょうか?

 

外観&店内

こちらが外観です!

Nguyen Dinh Chieu通りに面しております。

 

お昼時ということもあり

お店の中は常に満席状態💦

ほとんどの方が米麺のフーティウを食べるので

回転率はかなり早いほうなのに

それでも待ちのお客さんが出るほど。

 

可能であれば、ピークの時間は避けたほうが

ゆっくり過ごせるかなと。

 

メニュー

こちらがメニューです!

全て英語表記があるので、

大体どんな料理なのかは分かると思います♪

 

麺類を注文する場合は

まずフーティウ、もしくは

ミーにするかを選びます。

・Hu Tiu(フーティウ)/米麺の平麺

・Mi(ミー)/中華麺

 

そして汁あり(Nuoc)、汁別(Kho)の

どちらか選びましょう~♪

 

ちなみにこちらのお店では

値段表が略語になっています。

ローカルのベトナム料理店では

珍しくありませんが

ベトナムドンに慣れていないと

わかりにくいですよね💦

 

ベトナムの料金は0の数が多いことから

例えば「50,000ドン」の場合、

0を3つ消して「50」と表記されているお店もあります。

お間違えないように注意しましょう~!

 

実食(゚Д゚)

Hu Tiu Mi Kho Thit Heo☆55,000ドン

麺類は断然汁別派です☆

 

今回は中華麺もフーティウもどちらも

食べたい気分だったので

ハーフ&ハーフのような形で注文しました。

フーティウを販売しているお店は

このような形でも結構やってくれます。

フーティウの麺がちゅるっとしていて

柔らかめでスープと合う♡

 

このスープもしっかり出汁が効いていて

最高です☆

汁別の場合は日本のつけ麺の要領でいただいてください。

 

ちょっと味を変えたければ

テーブルにチリソースなどの

様々な調味料があるので

自分好みにアレンジしてみてくださいね♪

 

お店は比較的にキレイなので

ベトナム料理初心者さんにもおすすめ!

ぜひ美味しいフーティウが食べたい時には

訪れてみてください。

 

 

店舗情報


店名:Sadec Quan(サデック クアン)

住所:154 Nguyen Dinh Chieu street,ward 6,District 3,Ho Chi Minh city,Vietnam

電話番号:083 823 0667

営業時間:7:00~21:00

 

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
クリックいただけるとブログ更新のモチベーションがあがります(*´ω`*)
1日1回できますので、どうぞよろしくお願いします。

おことわり

情報は基本的に記事執筆時点のものとなります。予めご了承くださいませ。
  • この記事を書いた人
ごっち

ごっち

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブロガーのごっちです。最新情報はSNSでお知らせしますのでフォローよろしくおねがいします。 自己紹介記事はこちら

人気記事トップ5

1

目次1 Motto SAKUSAKUの場所2 店内3 メニュー4 実食(゚Д゚)5 デリバリー情報6 まとめ7 店舗情報 ...

2

目次1 メニュー2 デリバリー注文方法3 受け取り&実食4 まとめ5 店舗情報 ガイドブックにも掲載されている老舗の上海 ...

3

目次1 THE BRIXの場所2 店内3 メニュー4 実食(゚Д゚)5 まとめ6 店舗情報 最近ますますお洒落なお店が増 ...

4

目次1 パソコンに設定【言語バーにベトナム語を追加】1.0.1 ①設定画面を開く1.0.2 ②言語を追加する1.0.3 ...

5

目次1 入会の流れ(予約・レッスンについて)1.0.1 まずはトライアルレッスン(予約)から!1.0.2 レッスン内容・ ...

-観光グルメ・カフェ, ベトナム料理, ホーチミンごはん
-, , ,

© Since2017 ベトナムリアルガイド