ホーチミンお役立ち情報 ショッピング

ホーチミンで生理用品を購入できる場所はどこ?日本人が使っても大丈夫?

2018年4月27日

生理用品

スポンサーリンク

こんにちは、ごっちです!

今回は女性向けの記事となっております。

 

ホーチミンで生理用品を購入できますか?

というご質問を読者様よりいただきましたので

ホーチミンで生理用品(サニタリー用品)を

購入できる場所についてまとめてみました。

 

ホーチミン旅行にきて

生理用品を持ってくるのを忘れてしまった、

もしくはいつもとは周期が違うのにきてしまった…

なんてことはもちろん考えられます。

 

在住者であれば女性にとって必須なものですし

どこに売っているのか、

日本と同じように購入することができるのか

知っておきたいところですよね。

 

ホーチミンでも生理用品を購入することができるのか

購入できるものと販売ている場所について

ご紹介します。

 

どこに行けば購入できるの?

基本的にはナプキンであれば

ホーチミンでもあらゆる場所で購入することができます。

写真は大型店での撮ったものなので

小さいお店だとここまで揃ってはいませんが

ベトナム進出している

日系のコンビニ(FamilyMart、ミニストップなど)、

スーパー、ネット通販サイトでも

どこでも購入することができます。

 

昼用でも夜用でも

様々な種類が販売しているので、

旅行者でも気軽に購入することができますし

在住者であれば

日本のじゃないとダメというこだわりがなければ

日本に一時帰国するまでの分を

全部持っていかなくては

いけないということもありません。

 

どんな生理用品でも売っているの?

生理用品といってもナプキンだけでなく

タンポンや布ナプキンなどもありますよね。

どんなものでも売っているのでしょうか?

 

◯ナプキン

最近ではいたるところでコンビニができているので

旅行者でも街を歩いていれば必ずといっていいほど

見つけることができると思います。

 

どうしても場所がわからないようであれば

GoogleMapで確認してみてくださいね。

スーパーなど日用品が販売しているところであれば

たいていどこでも購入することができるでしょう。

 

◯タンポン

昔のホーチミンであれば

タンポンを売っているお店は

ほぼなかったですし

ベトナム人女性が

タンポン自体どんなものか分からない、

今も知らないという方も多い状況ではありますが

最近では販売しているところもあります。

 

ただし、ナプキンに比べると

販売店が少ないのは少ないです。

 

タンポンを購入したいのであれば

Guadian

こちらはベトナム産だけでなく

海外の化粧品などの

美容用品を取り扱っているお店です。

日本の化粧品なども店舗によって販売しています。

すでにホーチミン市・Go Vapで

なんと65店舗展開しています。

※2018年4月現在

 

こちらで取り扱っているタンポンは韓国製?のものでした。

 

さすがに住所は載せきれないので

自分の家やホテルなどから

近い店舗を見つけたい場合は

英語表記になっているので

下記がGuadianの店舗情報から

近くにないかチェックしてみましょう。

ただし全ての店舗にはない可能性も?

https://www.guardian.com.vn/en/store

 

ちなみに写真の店舗は下記の住所になっています。

サマセットチャンセラや

人文社会大学の近く?ですね。

18c Nguyen Thi Minh Khai street,District 1

 

もし日本のものがいいという場合なら

日本製のも購入することができます。

日本の食品や調味料、日用品を

多く取り扱うアクルヒスーパーに販売しています。

アクルヒスーパーの情報は下記のとおりです。

AKURUHI SUPERMARKET-ホーチミン在住者御用達!日本食材が取り揃う日系スーパー

目次1 アクルヒスーパーマーケットの場所2 店内・商品3 オンラインショップ4 アクルヒスーパーマーケットのまとめ5 店 ...

 

あとは見たことがあるのは

1区のスカイガーデンにある

ファミリーマートでなら

韓国製のタンポンがあった時もありましたが

今はどうかな?

ただあそこだとお客さんは日本人ばかりなので

購入するのはちょっと恥ずかしいかも。。

 

MegaMarketも一時期は販売していたのですが

最近では見なくなりました。。

 

◯布ナプキン

今のところ布ナプキンを販売しているところは

見たことがありません。

オーガニック商品もどんどん増えてきているので

もしかしたら2区辺りで買えるのかもしれませんが

私は見たことがないですね…

 

※2018年更新

2区のGreen aroud coner、

同じく2区のlaidayで販売されていました。

ぐりーんあらうどざこーなー
[移転]Green Around the Corner-読んだら行きたくなる!ドイツ人オーナーの魅力が詰まった素敵な穴場カフェ☆

目次1 外観&中の様子2 メニュー3 お味は?4 販売している商品5 店舗情報 スポンサーリンク ※2018年9月更新 ...

lai day d2 inventory
【紹介店舗移転】lay dai REFILL STATION(2区店) | ベトナム産オーガニックエコ雑貨ショップ

目次1 Lai Day REFILL STATION(2区店)の場所2 店内・商品3 Lai Day REFILL ST ...

 

そのため、ホーチミンに在住予定で

布ナプキンを使用されている方は

日本から持って行くことをおすすめします。

 

日本人が使っても大丈夫なの?

絶対に大丈夫!とは言い切れませんが

今のところホーチミンで販売している生理用品を使って

トラブルが起こったという話は

聞いたことがないので

恐らく大丈夫かと…

 

ただやはり日本で販売しているものと比べると

やっぱり日本のほうが品質はいいですね?

ホーチミンにある程度在住する予定で

肌が極端に弱い、こだわりがあるのであれば

日本から持ってきたほうがいいでしょう。

 

そこまで気にならない、特別肌が弱いって

こともはないならば、ベトナムで販売している

生理用品でも問題ないかと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

まだホーチミンに住まれて間もないと

気軽に生理用品がどこにあるのか

なかなか聞きづらい…という方もいますよね。

 

旅行者でも急に生理がきてしまって

生理用品がないと

思う存分旅行を楽しむことができなくなってしまいます。

 

ホーチミン観光・在住されてる女性は

ぜひ一度チェックしておいてくださいね☆

応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村
クリックいただけるとブログ更新のモチベーションがあがります(*´ω`*)
1日1回できますので、どうぞよろしくお願いします。

おことわり

情報は基本的に記事執筆時点のものとなります。予めご了承くださいませ。

人気記事トップ5

1

目次1 日本の食品・食材【ウェブサイト・アプリ・LINE】1.0.1 【farmi】食品食材・飲料・ベビー用品・生活用品 ...

tamagoya6 2

目次1 メニュー2 注文の流れ2.0.1 注文先2.0.2 受け取り3 購入品4 まとめ5 サービス情報 家でご飯を作る ...

3

目次1 メニュー2 注文の流れ2.0.1 注文先3 実食(゚Д゚)4 まとめ5 サービス情報 程よい酸味とどっしり感がク ...

木村屋デリバリー 4

目次1 メニュー2 注文の流れ2.0.1 注文先2.0.2 受け取り3 購入品4 まとめ5 店舗情報 温めるだけ、湯煎す ...

dマガジン1 5

目次1 【dマガジンを利用する前に】dアカウントを登録1.0.1 dアカウントとは1.0.2 dアカウント作成する【5分 ...

-ホーチミンお役立ち情報, ショッピング
-, , , , ,

© Since2017 ベトナムリアルガイド